婚活生活しませんか

結婚相談所の勧誘について

結婚相談所の勧誘と書くとあなたは何を思い浮かべますか?人によって2つのタイプがあります。まずは、結婚相談所を利用しようかどうか悩んでいて説明会などに行きたいがそのあと入会の勧誘がしつこいのではないかといった勧誘を思いつく方、もう一つは結婚相談所に入会しても次から次へと相談員が異性を紹介したり、イベントなどの参加を勧誘してくるケース。
さてあなたはどちらを思い浮かべましたか?
結論からいうと、勧誘に対しては自分の考えをはっきり先方に伝えておけばそれ以上自分が鬱陶しく感じることはないです。今の時代は無理に何かを勧誘しようとすると返って成功しないケースがが多いのが分かっているからです。ただこういったことは縁とタイミングの問題でもあるので、不要なら完全に断って、迷っているなら勧誘の頻度を下げる返事をすることがベターな考えだと思います。

 

 

 

結婚相談所の入会前の勧誘について

結婚相談所の入会前の勧誘については自分の意思をはっきりさせることで簡単に解決します。仕事の都合などで婚活ができなくなりそうなら、「仕事が忙しいので今は入会しても時間がない」ときっぱり答えればいいのです。でも個人的には返事にもう一工夫すればもっとよくなると思います。
それは、「仕事が忙しいので今は入会しても時間がない。けれども3ヵ月後ぐらいには落ち着くと思いますので、その頃もう一度連絡いただければ再度考えようと思います」みたいに答えると、勧誘する側も分かりやすいですよね。3ヵ月後ぐらいに一度連絡を取ってみればいいのですから・・・。
その他にも、「他社に入会しました」「○○相談所に入会しました」「でも不安そこで成功するか分からないので半年後ぐらいにまら連絡くれたら検討するかもしれません」など完全に切ってしまわない事も大切です。
自分意思で「希望するならこちらから連絡します。」と答えてしまうと、どうしても行動する為の第一歩が重くなってしまいがちです。
結婚は運やタイミングも大いに関係しますので、自らがその方法を狭めてしまうのは勿体ないですよ。

 

 

結婚相談所の入会後の勧誘について

結婚相談所に入会すると相談員はなんとか幸せになってもらおうと思ってパートナー候補を紹介しようとしますが、中には次から次へと紹介しようとする相談員もいます。あなた本人の考え方にもよるのでしょうが、じっくり一人ずつの方と知り合いたいと考えているならその旨をきちんと伝えましょう。あと、イベントやパーティーなど苦手な人はその旨も伝えておけば、参加しないや、参加してもフォローしてくれる可能性があります。