婚活生活しませんか

広告に騙されないように

結婚相談所はボランティアで行っている訳ではありません。会員から運営するためのお金を支払っていただいて、結婚を希望する方へ少しでもいいパートナーを紹介して会員の満足を対価で得るという企業です。
しかし、会員を集めるには協業他社が存在するために広告は誇大広告気味になってしまいがちです。本サイトでも成婚率や会員数についてで解説をしていますが、これはある意味仕方のないことだと思います。婚活を希望する優良な会員を集めないと素敵なパートナーを紹介できませんからね。
ですから婚活で結婚相談所を利用しようと思っている方は、広告の内容だけを信じて入会することはしないことです。もしあなたが車を購入しようと思ったらどうしますか?販売店へ訪問していきなり「この車下さい」なんて言いませんよね。たとえネットなどでその車の情報を収集していたとしても販売員さんに質問したいことは沢山あるのではないでしょうか?「この車の乗り心地はどうですか?」「車内は静かですか?」などなど
何軒か販売店をまわっていくと同じ質問をしても販売員の答える内容は同じでも答え方の誠意など違いが感じられると思います。
結婚相談所でも同じことが言えるのではないでしょうか。
もっと付け加えるなら、車なら買い換えることが出来ますが、結婚はそう簡単に乗り換えるなんでできないですからね。

 

 

派手な結婚相談所の広告

よく結婚相談所のパンフレットに「きっと理想の出会いがあります」や「理想の結婚相手が見るかります」などと興味を引くキャッチをしています。でもこれはパチンコ店のチラシと同じで「赤字覚悟お客様感謝デー」というのと同じなんですよね。実際パチンコ店のお客様感謝デーでも当日の収益が赤字になることなんで絶対にしません。普段より店の利益を削ってお客様に還元するだけです。
ですから広告だけを信じて入会に飛びつかないようにしないといけません。
最近ではダイエットや語学学習、資格取得分野などで有名人を起用して実際に成功させるといった方法で宣伝する企業が増えてきています。まだ結婚相談所ではそういったことはありませんが、そのうち出てくるかもしれませんね。

 

 

どのように結婚相談所を選ぶのか

結婚相談所を利用して婚活をする場合どのような結婚相談所を選べばいいのでしょうか?会員数も成婚率もあてにならない、パンフレットもいいことばかりしか書いていない。そうなると困ってしまいますよね。
よく結婚相談所関連のサイトを見ると、イベントやパーティーの回数なども参考にと書いていますが、そういったことは全く重要ではありません。もっと簡単に調べることが出来ます。まず最初に重要なのが相談員の対応です。結婚相談所に入会する場合、説明会があるなら出席してみるのもいいかもしれません。また自ら結婚相談所に足を運んで色々質問してみるのもいいでしょう。次に結婚相談所のある場所です。都心の一等地とは言いませんが、寂れた雑居ビルの中に事務所があったり、事務所の中が雑然としていたらあなたはどう思いますか。簡単ですよね。結婚相談所の場合事務所の大きさは関係ありません、イベントやパーティーなどは別の会場を押さえればいいだけですからね。事務所の場所や中を注意してみればある程度わかってきます。